“Trading Place” from SPAM A LOT for Clarinet and Piano


“Trading Place” from SPAM A LOT for Clarinet and Piano

演奏時間:5分 2014年1月19日 Tokyo to New York コンサートにて

コンサートについての記事はコチラ http://www.enquete-art.org/?p=808

1/19のコンサートのライブ音源です。この曲は外国人にウケがよいです。英語のスパムメール読んでますからね。

解説

SPAM A LOT for Clarinet and Pianoは、私のもとに届いたスパムメールを用いて作曲されていて、私の作品である「アンケート・ アート」の作曲技法に基づいて書かれている。アンケート・アートとは、様々な問題に対する意見をア ンケートによって集め、音楽に変換する方法です。回答のテキストを品詞分解し、品詞の種類により音 程を決め、単語の長さを音符の長さとして、メロディを作り出すという、文章の構造に基づいた作曲法です。SPAM A LOT for Clarinet and Pianoはアンケート・アートのカウンターとして構成されている。
アンケート・アートは日本語のテキストを使用し、SPAM A LOT for Clarinet and Pianoでは英語の文章を使用する。また、アンケート・アートでは、回答の文章を音楽に合わせ画面表示されるが、SPAM A LOT for Clarinet and Pianoでは文章が読み上げられる。 そして、アンケート回答は、よく考えられた様々な意見で、読ませるために書かれた文章に対し、 スパムメールは大量生産され、ほとんど読まれることのない文章である。しかし、どちらもメッセージとして伝えられる文章の構造を持っており、音楽に変換することによって鑑賞者に伝えられる。
2013年の「東京とニューヨーク」コンサートシリーズで演奏された、You’ve Got Mailに、新たに2曲を追加し、3楽章形式の作品「SPAM A LOT for Clarinet and Piano」とした。

SPAM A LOT for Clarinet and Piano
I. You’ve Got Mail – ユー・ガット・メール
II. Trading Place – 大逆転
III. From Russia with Love – ロシアより愛を込めて