Share on Facebook

Download PDF

今週末から高知県立文学館で開催される文学Media Art展に作品を出します。
http://www.kochi-bunkazaidan.or.jp/~bungaku/

紀貫之の歌から音楽を作って初音ミクに歌わせています。品詞分解でメロディをつくるのもついに古文まで行えるようになりました。僕の中での重要なことはやはり古文から音楽を作ることで、ミクが歌うことではないのです。そういうわけでミクの歌唱レベルが低いかもしれないです。

解説文
紀貫之の和歌を初音ミクが歌うという作品です。 この曲は和歌の文章から出来ています。 文章から曲を作るというのは、私の作品である「アンケート・アート」の作曲技法によるものです。 それはテキストを品詞分解し、品詞の種類により音程を決め、単語の長さを音符の長さとして、メロディを作り出すという、文章の構造に基づいた作曲法です。 例えば、動詞だったら「ラ」、名詞だったら「ファ」その単語が2文字だったら、4部音符のように。 歌詞のメロディと伴奏の作曲のルールは変えてあり、曲に彩りが出るようにしてあります。 紀貫之の文章構造から出来た曲を初音ミクが歌い上げています。